小笠原の主要道路。「湾岸道路」です!サンシャインの前から二見湾に向かっての道路です。とても広くて走りやすい道路です。父島を上から見て二見湾側の道路を「湾岸道路」、初寝浦のほうは「夜明道路」といいます。一周走っても・・・。2時間くらい??(スーパーカブにて30kmで走ってるけどね?)
ジャァ〜〜ン。サンシャイン小笠原でぇす。
古い建物ですが、なんだかかっこいい民宿でした。アタシはこの看板の後ろの寮??一人部屋ですが、ざっくばらんな南の島の部屋に住んでます。
サンシャインの入り口はこんな感じ。

木で作られたイスとテーブルが並んでます。
そこにポツンと番犬をしてるのが「本多勘助」です。

ヲイ!あついのかよぉ〜〜。このこ、人が通ると叫びます。やる気のない犬かと思ったらかなりイケイケです。ハッスルしまくりです。ではもうイッチョ。

こやつはいい家に住んでおります。そして、家の裏にも太郎というワンコがいます。

こっちの太郎の方がおじいさんです。
入り口にもかっこいい看板が!!!

やるぅ〜〜。サンシャイン☆ますますスキになりました。
ついて1日目の今日は雨が降りそうでバイクでブラ〜ッとしただけでした。まずは、部屋を掃除して、買い物に行って「16茶」2Lをかいましたが安くなって300円です。本州だと安くて168円とかもあるのに・・・。高くつきそうです。それとCCレモン、箱ティッシュ、タオルなど買った。行く前から毎日のようにネットで小笠原情報を集めていたアタシですがどうしてもほしいTシャツがあったので買っちゃいました。

makimakiというお店で、マキさんのオリジナルTシャツなので〜〜す。大きくみたい???アタシの買ったのみたい???

じゃ〜〜ん。BONINというのは小笠原のことで「無人」ムニンというのだけど、それがなまってボニンとなったそうです。
これ以外にも3種類?4種類??あったかなぁ。ちなみに、コレは「サーファーガール」という名前がついていました。
サンシャインの前は都立の公園になっていました。

公園を抜けるとそこは海です。大村海岸とガイドブックには載ってますが地元民は「前浜」と呼ぶそうです。

サンゴの浜!!足元はゴロゴロですがなんと言っても海が!!!海が!!透明度抜群です。びっくりしました。


ということで、6月からはつなげることがなかなかなので週に一回ないしは2回繋げれたらいいカナぁと思ってます。
PCもちこみOKのところ見つけたので!!
PCもちこみでも、30分300円、以後延長15分に100円でした。フリーショップまるひというなんでもやさんです。
こっちに着てから。まだ晴れた日がなく、ハネアリも見ていません。ただ、よる・・・屋根の上をネズミが通る音にびっくりするくらいです?


じゃあ、また来週☆



                        >>>完<<<
2003年6月10日号 

○サヨーナラー(_´Д`)ノ~~ の巻






6月6日金曜日 天候:めっちゃ晴れ 気温:高め

出発の朝だわ。昨日の夜はBUGPIPE(草野球)のみんながサヨナラ会をしてくれた。
前日に部屋を綺麗にした。びっくりするくらい綺麗になった。・・・。いつもこんなんだったらよかったのに・・・・。それから、お母さんが下まで荷物を運ぶのを手伝ってくれた。
 
ハムスターも忘れずにもって出発です。竹芝桟橋まで20分くらいかと思ってました。・・・が、安全運転のアタシは法定速度内でいったので30分ちょっとかかりました。
 
竹芝桟橋で〜〜す。ここから、小笠原行きが10時に出ます。もっと早い時間には大島など伊豆諸島にでる高速船もありますよ!!

チケット22570円。ちなみに原付+ハムスターで4672円。バイクにつんだ荷物はオマケしてもらいました。最高だぜ!おが丸。
船内に浸入☆

出発前の風景です。ビルがたくさん見えます。

船内はとても綺麗だし、ニオイもしないし、快適だと思います。
まず、出発してからしばらく探検して、寝ました。レディースルームという女の子だけの部屋だったので安心して眠れました。2時間して目が覚める。やることもないのでデッキ(甲板)にでることにする。部屋ではTVの2CHで映画も放映していてアタシが見かけたのは「MIBU」「スパイダーマン」がやってました。
うわぁ〜〜お。すげ〜〜。一面海だわ〜〜。2時間くらいしかたってないからうっすらと千葉の房総半島(館山)が見える!!

これじゃぁ〜わからないか・・・。この日はとてもいいお天気で雲ひとつなかったのよ。そんな中おが丸は一路南を目指し進むのであった・・・。
出発前に色んな人に聞かれましたが「25時間半の船はどうなのか教えてね〜〜!!」といわれたので・・・レポートします。
海はやはり揺れないと言い切れなくて、この日もおだやかでしたが時間によっては「ヾ(-д-;)ぉぃぉぃ・・・・」というときもあったけど、寝てるか海見てるかでアタシはしのぎました。

タイムテーブル的には・・・
10時出航 その後、30分くらい船内探検
13時30分 目が覚める。それからデッキ(甲板)にでる。
        CDを聞きながらヒタル。ひたすらヒタル。
17時30分 寒いので一回船内に入る。そして寝る。
18時30分 夕日が見たかったので再度デッキへ。
19時 消灯。その後、何度も目が覚めるが寝たふりをする。
6時30分 目が覚める。しばし動けず。
7時 シャワーを浴びる。
7時30分 デッキへでるが曇のため(雨もふってたっぽい)ラウンジへ。このラウンジでつくまで寝てるんですが。最高です。リクライニングシートなだけなんですけど、寝心地がよくて・・・。音楽を聞きながら過ごしました。
11時10分 父島二見港到着。というわけですが。どうでしょう。
一番揺れを感じた瞬間は、デッキへでようと思って登る階段で「ウヲ〜〜ッッ」って思ったくらいでしょうか。でも、けっこうゆれます。
間違いなくいえることは「思ったより短く感じる」ということです。
船の中では、静岡から来たという女の子と話しました。・・・・名前聞くの忘れちゃった・・・・。

港についてすぐ、これからお世話になる「サンシャイン小笠原」の看板のお姉さんのところへ行くことになってたのでイソイソ近づく。
やさしい、おっとりとしたお姉さんだった。名前はチホさんといいます。早速、初仕事。お客さんが車に一気に乗れないので、チホさんの代わりに看板をもってお客さんを待つことでした。隣にいたお兄さんがハムスターに興味を持ってきたので、ついでに質問した。
「小笠原には虫がいますか??」
「いますよ。今の時期だと「ハネアリ」がいやってくらい見れますよ」とのことでした。あたしが嫌いなのは、ゴキブリと蛾なのよ。・・・。
チホさんも戻り、車でサンシャイン小笠原に行く。






↑↑ページトップにモドル?↑↑
広告 [PR]  ダイエット キャッシング わけあり商品 無料レンタルサーバー